セクハラの相談窓口 | 上司のセクハラを相談したい

このエントリーをはてなブックマークに追加

セクハラの悩みがあるとき、具体的にどこに相談するのか

セクハラの悩みを相談する場合は、企業側がきちんと対策をしている場合は、部署ごとのセクハラ担当、また人事などに相談してみましょう。すでにメンタルヘルスに影響している場合は社内産業医に名前を伏せた形で相談するのも一つの方法でしょう。また、社内で解決方法が見つからないような場合は、都道府県の総合労働相談コーナーとか、都道府県労働委員会、法テラス、みんなの人権110番、解決サポートがセクハラの相談に乗ってくれるでしょう。

実際に、裁判にまで至るケースは多くはありませんが、裁判の実例なども厚生労働省のホームページなどに掲載してあるので、自分のケースと照らし合わせるため、参考までに読んでみるといいでしょう。企業は職場内では、労働者を守る義務があるのですから、それが十分行われていないということは、あなたにも訴える権利があるのです。

企業にセクハラ防止を促したことによって、セクハラや嫌がらせが増加し、退職や転職を余儀なくされるようであれば、法律事務所などに相談してみて、こちらが法的にできることを探ってみるのも一つの方法ではないでしょうか。

まず、泣き寝入りしないで声を出していくことです。そして決して相手のいいなりにはならないこと。相手が力を乱用して不適当な態度をとるのはあなたの問題ではなく相手の問題です。それを横行させている、見て見ない振りをしている会社にも問題があるので、加害者と同時に会社も訴えることができるのです。

社内コンプライアンスの徹底と、セクハラ定義の明確化

セクハラは、セクシャルハラスメントの略語です。これは、相手の意思に反して、性的や言葉をかけたり、行為を示唆したりして、相手を不快にすることをいいます。最近では、職場のコンプライアンスが厳しくなり、これらの嫌がらせが職場で起こると、セクハラ担当や人事や総務の担当者が加害者に注意するような形になってきました。第三者が注意すること、会社がしっかりとした監視体制を作ることによって、社内でセクハラがないように働きかけることができます。

職場の環境を整え、社員が働きやすくすることは、企業としても当然行うべき義務であり、もしセクハラや嫌がらせが横行するようになれば、職場の生産性は著しく下がってしまいます。また、人間関係のトラブルが生じていれば、円滑なコミュニケーションなども損なわれてしまうでしょう。

職場には、職位によるパワーバランスがあり、その力を使っての性的嫌がらせは以前からよく問題になっていました。一般的には、男性から女性へのセクハラが多いと思われがちですが、実際には女性から男性へのセクハラもありえます。

職場環境を整え、すべての社員が快適に過ごせ、また職務を適切に遂行できるように、会社や企業側としては、とくにセクハラ等の嫌がらせがないように目を配る必要があります。セクハラが高じて裁判などになれば、加害者だけではなく、その加害者に対してなんの対処もしなかったということで、会社を訴えることもあるからです。セクハラに対してはその基準を明確化し、社員にあらかじめセクハラの定義を周知しておくことが大事になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加